高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛の制汗効果とは?

汗と言うのは、体の体温を調節してくれる大切な生理現象なので、全く汗をかかないというのも、体に問題があるでしょう。とは言っても、やはり多くの汗が出てしまうと、不快なものです。

 

そこで、様々な方法で汗を抑えるのですが、少しでも効果の高い方法を使いたいものです。そこで、最近話題の高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛の制汗効果について、お話しましょう。

 

■金属による効果

高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛は、制汗剤に多く含まれているのですが、その成分は金属塩であり、汗に含まれるたんぱく質と凝固して、汗の出入り口を塞いでしまうと言う働きをします。

 

その結果、汗腺がこの金属で蓋をされて、汗の出を抑える、そして皮脂分泌を抑える、それが、不快な多汗を解消する方法なのです。

 

■使い続けることで効果あり

高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛の実験では、開始よりも、5日後から発汗量が減ったと言う結果がありました。

 

つまり、使った日よりも、使い続けることで、より効果を得ることが出来ると言うことなのです。
毎日のように使っていく度に、顔や脇、手足から出る汗の量が減少し、深い感を抑えることが出来ます。

 

■ワキガ対策にもなる

ワキガは、きつい臭いが、周囲にも深い感を与えるので、早めに対処が必要なのですが、自分で出来るケアには限りがあります。お風呂に入る、こまめに汗を拭くといったことですが、汗と細菌が混ざることでワキガの臭いは強烈になるので、汗自体を抑えてしまうと言う方法が効率的かもしれません。

 

高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛は、汗の出を抑える作用がある為、ワキガ対策にもなります。

 

■他の成分と組み合わせで高い制汗効果を

高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛だけでも十分制汗効果はあるのですが、それにプラスして他の成分と組み合わせることでより高い制汗効果を発揮するのです。

 

植物エキスが配合されていると、天然素材なので、肌にも安心ですし、アロマ効果のある植物だと、気持ちがリラックスして、自律神経を安定させるので、汗を抑えるダブル効果が期待できるのです。

 

高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛は、汗を抑えて、美容にも健康にもより良い環境作りをしてくれるのです。