抗コリン剤のプロバンサインの持続時間

顔汗を抑える作用があると言う抗コリン剤のプロバンサインですが、飲むと、ぴたっと汗が止まる等の高い効果が望める一方で、効果を維持できる時間には制限があります。

 

そこで、抗コリン剤のプロバンサインの持続時間について、お話しましょう。

 

■効果の出始め

抗コリン剤のプロバンサインは、1回1錠、1日3〜4回服用することによって、飲んでから30分から1時時間程で、効果が現れます。

 

その為、どうしても汗を抑える必要がある時間の1時間前ぐらいから飲んでおくと良いでしょう。
勿論、これは個人差があるので、必ずしも、この時間帯に効果が表れると言う保証はありません。

 

■持続時間について

抗コリン剤のプロバンサインは、4〜6時間程の持続力があります。
人によってその効果の度合いは違うものの、平均するとこれぐらいの時間となるわけです。

 

つまり、1日汗の出を抑えたいと言うのであれば、1回1錠の3、4回分で、一日の顔汗を抑えることが出来るでしょう。もっと効果を期待したいからと言って、それ以上の量を飲むことは、副作用を引き起こすことになり、お勧めではありません。

 

制汗の持続時間について、納得できない場合は、主治医に相談してみてください。

 

■常用はかえって持続力を低下させる

顔汗の出を抑える為に、飲んでいる抗コリン剤のプロバンサインですが、効果の程は高い為、どうしても依存性が出てしまいます。何度も使うことで、かえって持続力を低下させてしまう恐れがあるので、常用は出来るだけ控えた方が良いのです。

 

又、副作用の危険性もあるので、続けて飲むようなことがないように、気を付けてください。

 

■空腹時が効果あり

プロバンサインは、空腹な時に飲んだ方が良いので、食間に飲むのが良いでしょう。

 

効果が高いと言うことは、それだけ効き目時間が長くなると言うことなので、出来るだけ汗の出を抑えたいと言うのであれば、空腹時を狙って飲んだ方が効率的と言えます。

 

勿論、汗を出したくない時間帯に合わせて効果を発揮したいと思うものですから、一時間後に効果が出ると設定して、飲むことが理想です。

 

飲む時間帯には何も食べないようにすると、効果は絶大なのです。

 

抗コリン剤のプロバンサインは、持続時間が人によって異なりますので、主治医の指示の元に、適量を飲むように心がけてください。

 

 

↓プロバンサインは通販でも買える↓

 

 

病院で処方される全身の汗を止める飲み薬!

プロバンサインは多汗症の治療薬として病院で処方される飲み薬です。通常は病院で診察しないと処方されない薬ですが、海外輸入の通販サイトを利用すれば自宅に居ながら購入する事もできます。サラフェでは効かないという方や、顔だけではなく頭部の汗なども酷いという方は検討するのも良いでしょう。

価格

通常(100錠):6,286円(税込)
2本セット(200錠):11,198円(税込)

主な成分

プロパンテリン臭化物など

顔汗を止めるならプロバンサイン