顔汗を抑えるのに良い成分って何?

顔にドバっと汗が出てしまう人がいますが、女性にとっては、メイクが落ちてしまうので、死活問題です。
そこで、顔汗を抑える方法としては、普段の生活の中での改善が理想的です。

 

普段の食事の中の食材を始め、化粧品等でも顔汗を抑える商品は販売されています。
そこで、顔汗を抑えるのに良い成分は一体何なのでしょうか?

 

■大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、その名の通り、大豆、又は大豆から作られている食品で、豆腐、納豆、味噌、豆乳等が挙げられます。

 

これらがなぜ汗を抑える作用があるのかと言うと、イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、毎日効率的に摂取することで、女性ホルモンの働きである汗を抑える作用をそのまま引き継いでくれるのです。汗の出を抑えるには、毎日の食事の中で、大豆イソフラボンを多く含む大豆製品を摂り入れるようにしましょう。

 

■高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛

あまり聞き慣れない名前ですが、これは、最近注目されている顔汗を抑える化粧品に含まれている成分です。汗や余分な水分を体外に出る前にしっかりと吸着させ、外に出ないようにしてくれるので、気温が高くて、ドバドバ出ていた不快な顔汗対策になります。

 

一日中ずっとサラサラ肌をキープ出来るので、勿論、メイクをし直す必要もありません。

 

高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛配合の化粧品を使っているか使っていないかでの実験で、何と使っていない場合と比べて、使っている人は、4割程度も汗の出が抑えられたとか。

 

これはかなり驚異的な数値でしょう。

 

■カテキン

紫外線やストレスに過剰に反応して出てしまう汗に対して、お茶エキスは、気持ちをリラックスさせ、肌を清潔に保つことが出来ます。外部からの刺激を緑茶のカテキン成分が、皮膚と刺激のクッションになってくれるので、過剰反応を起こすことなく、汗を抑えることが出来るのです。

 

又、清浄作用もあるので、肌を清潔に保つことからも、汗の出を抑えることが出来るでしょう。

 

このように、顔汗を抑える成分は、身近に存在するので、毎日の生活の中に、これらの成分を含む物を試してみると良いでしょう。